ハウスメーカーのローン審査

ハウスメーカーのローン審査 住宅ローンを組んで家を建てる時、ハウスメーカーで金融機関を紹介されることが多いでしょう。
ローンの診査は事前審査と本審査の2段階で、まず最初に返済能力や融資金額などを審査します。
この事前審査には数日かかることが多いようです。
事前審査を通ると、本審査に進みます。
ここまで行けば、借りられる金額がある程度見えてくるので、物件価格や設備などのめどが立てやすくなるでしょう。
事前審査が通ったら、正式な書類などを揃えて正式な申し込みをし、本審査を受けます。
1週間程度の時間を経て、審査が通れば融資契約を締結するという流れになります。
ローン審査では勤務先や年収だけでなく、健康状態や勤続年数、返済期間なども評価対象です。
病気で団体信用生命保険に入れなかったり、年収に占める返済金額の割合が高かったり、完済するのが高齢になる場合は審査が通りにくいので気を付けてください。
ハウスメーカーの提携金融機関で融資を申し込むと、多少条件が悪くてもローンを組めることもあるようです。
メーカーの営業マンと金融機関の信頼関係などによるもので、明文化されているわけではありません。
もし自分で足を運んだ銀行などで思うようなローンが組めない時は、ハウスメーカーの勧める金融機関で相談してみるのも一案です。

ハウスメーカーで家を建てる時、足りない資金はつなぎ融資を活用しよう

ハウスメーカーで家を建てる時、足りない資金はつなぎ融資を活用しよう ハウスメーカーなどに頼んで一戸建ての住宅を建てる時は、住宅ローンを組む人が多いでしょう。
住宅購入のためのローンは、家が完成して引き渡されるタイミングで入金されます。
でも、家を新築する時は、契約後や引き渡しまでの間に頭金を始めとするさまざまなお金が必要になります。
住宅ローンが入金されるまでの間の「つなぎ」としてお金を借りるのが「つなぎ融資」です。
とはいえ家具や車、外構や庭など家回りに使うことはできず、使途は基本的には住宅新築のために限られます。
たとえば土地の売買代金や建物の着工金、上棟金などに使うことができます。
あくまでも「つなぎ」なので、住宅ローンの融資審査が終わり、金融機関から融資の許可が下りていることも条件です。
ハウスメーカーで家を新築するときは、メーカーの紹介でローンを組む金融機関を決めることも多いでしょう。
メーカー経由でなくても自分で金融機関を決めてもよいのですが、どちらにしても融資してもらう銀行などで同時につなぎ融資を申し込めば、手間も省けます。
引き渡し時に融資が実行されるので、そのお金でつなぎとして借りたお金を完済し、そこから住宅ローンを返していくことになります。