ZEHハウスメーカーとは

ZEHハウスメーカーとは ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称となるZEH住宅を作るハウスメーカーは、1時消費エネルギー量を削減し、太陽光発電等で消費エネルギーを賄うことができる住宅を作る企業となりますが、ZEH住宅はどの企業でも建設することが可能です。
断熱性能や省エネ性能、創エネ性能を基準を満たす住宅を作る必要がありますが、普及率を高めるため、政府はネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを作る企業を対象に、登録要件を満たす企業を認定登録し、補助金を交付する制度を開始しました。
某大手住宅メーカーでは、令和元年に建設した戸建て住宅の87パーセントが基準を満たした住宅となり、賃貸用マンションにも導入を進めています。
一派的な戸建て住宅の二酸化炭素排出量は年間4トン程度ですが、1トン以下に抑えられることが判明しました。創エネ性能を利用した街づくりを進めるハウスメーカーも存在し、千葉県の工場跡地には、設置した太陽光発電設備で居住者の使用電力を全てまかなう住宅が建てられ、好評を得ています。

SDGsに沿った家づくりがハウスメーカーで進められている

SDGsに沿った家づくりがハウスメーカーで進められている 昨今SDGsという言葉が注目されるようになってきており、Sustainable Development Goalsの頭文字をとったこの言葉を取り入れた住まいづくりも注目されています。この言葉は、持続可能な開発目標という意味で、地球環境にやさしい家づくりはこの考えに沿っているのです。
エコで省エネ性の高い家づくりは、ハウスメーカーの家づくりのポイントにもなっており、太陽光発電パネルなどを備えた住宅などが注目されています。
ハウスメーカーの省エネ住宅もこの目標に沿っており、太陽光を活用して発電できる住まいづくりは災害にも強い家でもあります。限られた地球資源を少しでも長く利用することができるように、化石燃料に変わる自然資源を活用して生活できる家づくりが求められているのです。
このように、ハウスメーカーではSDGsといった目標に沿う住まいづくりが進められており、地球環境にやさしい家づくりに関する提案がなされています。